【勉強はいつからやっても遅くない】通信制高校に入学しよう

ニュース一覧

もっとも効果的な教育法

勉学

教師と生徒の最適比率とは

時間には限りがあります。特に今の子供たちはとても多忙です。親御さんとしては色々とお子さんに身に付けさせたいとの気持ちがかつてよりもより強くなっているのでしょう。勉強についても学ぶべきものの分量がどんどん増えていて学校の授業時間も確実に増加傾向にあります。そんな中で塾の果たすべき役割も更に重要度を増しています。そのポイントはいかに短時間で効果を上げるかという点に移ってきています。時間は無限にあるわけではありません。短い時間でも結果の出る方法が授業法にはあります。それは個別指導です。尼崎でも個別指導塾は増加傾向にあります。集団講義形式では講師の目が行き届きにくく、生徒がつまずいている部分を把握するのに時間がかかってしまいます。個別指導であれば、生徒が問題を解く過程を側で追っていけるため、どこで悩んでいるのかの把握がずっと早く出来ます。このため、問題点の把握から解決策の指導までの時間が大幅に短縮されるのです。尼崎でもそうした個別指導塾を探して通ったほうが、集団講義タイプの塾よりも結果が出やすいです。尼崎の場合には交通の便もいいので、例えば神戸や大阪の個別指導塾に通うという方法もあり得ます。どちらも尼崎からなら30分もあれば移動出来ますので、よい個別指導塾があればそれだけの通学時間を使ってもむしろ効果の点においては有利でしょう。集団講義タイプであれば問題点を解決するのは基本的に生徒自身の力に依存してしまいますが、本来は自力解決出来ないから塾に通っているのです。個別指導こそ、塾本来のあり方でしょう。